在宅医療

在宅医療

在宅医療について

当院は開院してから、地域に寄り添った在宅医療を目指し、診療のお手伝いをさせていただいておりました。
その過程の中で、寝たきりとなり通院が困難となっている方や入院治療を経て、退院後自宅で医療処置を要することを余儀なくされている方が多くいらっしゃいます。      

画像の説明 

そんな中で患者様・ご家族様は何らかの不安を抱えてみえますが、ご自宅で介護をされる方・介護をしてもらう方のどちらにも心身共に負担軽減につながればと思い、患者様・ご家族様のニーズに耳を傾けながら、努力していきたいと願っております。


[check]往診の条件
   ◇通院が困難な方(寝たきり・病弱など)
   ◇退院後、自宅療養を予定している方
   ◇特別医療処置や管理が必要な方
      ・褥瘡(床ずれ)、経管栄養(胃ろうなど)
      ・中心静脈栄養、在宅酸素療法、気管切開
      ・ストーマ(人工肛門)、膀胱留置カテーテル
      ・難病や重症障害を有する方

[check]往診のメリット
   ◇通院のためのつらい移動や待ち時間の省略
   ◇ご家庭の通院にかかる負担を軽減できる
   ◇定期的な訪問によって継続的な医療ができる

[check]定期往診
   ◇患者様とご家族との相談の上で定期的な往診のスケジュールを決めます。
   ◇継続的な診療により慢性疾患の管理、異常の早期発見・予防に努めます。
   ◇症状に応じて月2回(2~3週間に1回)の往診を行います。
 

相談:連絡方法
*当院へ直接電話連絡してください。
*可能であれば、クリニックを受診し、往診日時を決めます。
*ケアマネージャーまたは訪問看護師さんから依頼してもらいます。

♡お困りなことがありましたら、まずはご相談を!

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional